血液クレンジングとは何か?方法と効果とは?

血液クレンジングとは?

血液クレンジングとは、血液にオゾンガスを混合させて戻すことを言います。病院で受けられます。血液をオゾン化すると即効性があるので人気になっています。日本国内ではまだあまり知られていませんが、イギリスドイツ、スイスなどのヨーロッパ諸国では既に確立され、認知度も高い治療方法です。アンチエイジングや動脈硬化疾患、関節、筋肉などの運動器疾患やがん治療など様々な病気に応用されている物ですので安心して血液クレンジングを受ける事ができます。

血液クレンジングの方法について?

血液クレンジングの方法は、左右どちらかの腕から100~150mlの血液を専用のオゾン耐性ボトルを用いて採血します。採取した血液にオゾンガスを正確に投与します。血液とオゾンガスが反応するとどう黒い血液が一瞬で鮮やかな赤色になります。そのオゾン化かされた血液をボトルから再び体内に戻す事をします。また、注射針や血液ボトルは1回限りの使い捨てになっているので血液による感染症の心配はありませんので安心です。

血液クレンジングの効果について!

血液クレンジングの効果としては、血液がオゾンガスにより活性化されるので体内に戻されるとサラサラの血液なので血流が良くなります。その効果で冷え性の方は体がぽかぽかと温まるので実感しやすいです。また、指先や足先まで体全体に酸素がいきわたる効果があるので脳や目にも酸素が届き視界がクリアになります。健康維持やアンチエイジング、疲労回復効果を目的とする方は1~2週間に1回すると効果が持続しますし、癌の手術後やウイルス性の疾患の方で免疫力向上を目的とする方は1週間に1~3回すると効果がでやすくなります。また、肩こり腰痛、リュウマチ、狭心症にも効果があります。

血液クレンジングは血液を採取してオゾンガスを混ぜて体に戻すことをします。血液が活性化するので冷え取りに効果的です。