知っておきたい!心不全の症状や治療について

心不全はどんな心臓病か

心疾患と呼ばれることがある心臓病は、心臓におこる病気の総称です。心臓は身体中に血液をめぐらせるための大切な役割があるため、心臓に影響や疾患がでるといろいろな不具合が発生し、死にいたることもあるんですよ。例えば、心不全は心臓が繰り出している血液が十分でない状況のこといい、身体に必要な量の血液を上手く循環させることができない状態のことをいうんです。この心不全も突発的に症状がでる急性心不全など、分類することが可能です。

心不全の症状について

心不全は人によって程度や種類がさまざまであり、症状も多様なんですよ。まず血液がうっ滞することによる症状があります。例えば肺に血液のうっ滞がおこると、息苦しさを感じるようになるんです。また、肝臓のうっ滞によって食後にお腹がはってしまったり、鈍痛を感じることもあります。この他、血液を身体へと送り出す量が減ってしまうと、だるさや疲れやすさ、動悸の激しさを感じます。このような症状は、心不全がどのくらい重症なのかによって変化しますよ。

心不全はどうやって治療するか

心不全は症状がどのくらい安定しているかによって、治し方を分けることができるんですよ。いつもは安定していても急激に悪化する急性心不全は風邪やストレス、過労によっておこることが多いんです。一般的にこの急性心不全のケースでは、入院が必要なことが多く安静にしておく必要があり、酸素の吸入をしたり、薬を使います。また、状態が安定している慢性心不全ならば、過度な刺激から心臓を守る薬を使用します。安定期に入ったら、負担にならない運動も必要なんですよ。

心臓の機能に悪影響をもたらす大動脈弁狭窄症は手術で改善することが可能ですが、その一方で体への負担が大きい欠点があります。そのため、高齢者の患者に対しては投薬で症状を抑える対処療法が主流になります。